感染対策:Q7

Q7:屋外でマスクをする必要がありますか?

A7:

状況に応じて判断してください。

周りに誰もいない状況でマスクをする必要はありませんが、屋外であっても人との距離が近くなる状況では、特別の理由がない限りマスクを着用することが望まれます。その理由は以下の通りです。

他のQ&Aにも度々記載されているように、普通に呼吸するだけでも少量ながら飛沫が放出されています。屋外では広い開放空間が確保されているので、飛沫はすぐに拡散して周囲への感染リスクは低下します。しかし街中など人がたくさん行き来する環境では、人とすれ違う場面、前後に並んで歩くような場面などで、一時的に人との距離が縮まります。具体的には階段やエレベーター、エスカレーターなどで、人と近距離で接する状況が頻繁に起こっています。このような状況下でくしゃみや咳をしたり、会話をしていれば、やはり周囲の人が飛沫に暴露されることになるので、マスクをすることが望まれます。

マスクは自分が感染している可能性がゼロではないことを前提に、人に感染させないために必要とされます。加えて、限定的ではありますが、正しくマスクをすればある程度自分を守る効果も期待できます。感染から自分を守ることと、人に感染させないよう配慮することは、互いに関係した一連の責務です。屋外ではマスクをする必要がないと思い込まず、状況に応じて適切に対応してください。